スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗撮の警察官を停職処分=「4、5回やった」-大阪府警(時事通信)

 大阪府警は24日、JR大阪駅のエスカレーターで先月、店員の女性のスカート内をカメラ付き携帯電話で撮影しようとしたとして現行犯逮捕され、同日中に釈放された府警鶴見署地域課の男性巡査(24)を府迷惑防止条例違反容疑で書類送検、停職1カ月の懲戒処分にした。巡査は同日付で辞職した。
 府警監察室によると、巡査は仕事のストレスから、昨年10月ごろからスカート内を盗撮するようになった。「これまでに4、5回やった」と話しているという。撮影した画像は消去していた。 

【関連ニュース】
警察官夫婦、通勤中にお手柄=盗撮容疑で会社員男逮捕
巡査長を盗撮容疑で書類送検=スカート内にデジカメ
小学校教諭、女子トイレ盗撮=建造物侵入容疑で逮捕
女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕
ほかにも十数件に関与か=痴漢容疑で予備校生を逮捕

指定暴力団稲川会会長が死去(時事通信)
消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)
いじめ動画放置、グーグルに有罪判決…イタリア(読売新聞)
<普天間移設>亀井氏「ベターな選択」陸上案の意義強調(毎日新聞)
自民、審議復帰を協議へ=国会正常化も(時事通信)
スポンサーサイト

<訃報>吉田昭さん74歳=弁護士、元神戸地裁部総括判事(毎日新聞)

 吉田昭さん74歳(よしだ・あきら=弁護士、元神戸地裁部総括判事)21日、脳出血のため死去。葬儀は近親者で済ませた。

 兵庫県西宮市の知的障害児施設で74年、園児2人の遺体が見つかった「甲山事件」の差し戻し審判決(98年3月)で、神戸地裁裁判長として元保母の女性に無罪を言い渡した。

路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も-東京(時事通信)
シティ日本支店元幹部、海外居住装い脱税(読売新聞)
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け(時事通信)
郵政改革の調整が難航=出資比率や郵貯限度額めぐり-政府・与党(時事通信)
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが-東京(時事通信)

CS証券元部長、1.3億脱税 株売却益隠す 国税告発(産経新聞)

 スイス金融大手の日本法人「クレディ・スイス(CS)証券」(東京都港区)の日本法人元部長が、賞与として受け取った親会社株の売却益などを隠し、約1億3千万円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反罪で東京地検に告発していたことが19日、分かった。CS証券では社員ら約100人が、ストックオプション(自社株購入権)で獲得した所得計約20億円の申告漏れを国税当局から指摘されていたことも明らかになった。

 告発されたのはCS証券の八田隆元部長(46)=カナダ在住。

 関係者によると、八田元部長は外国債券営業部長などを歴任。賞与の一部をスイスの親会社株で受け取っていた。平成19年に退職した後、親会社株を海外市場で売却し、多額の利益を得ていたが、申告していなかったとされる。

 一方、CS証券社員らは、平成19年までにCS株を取得したが、東京国税局などに申告していなかったとされる。国税当局が所得を把握しにくい海外の口座で自社株を取得、運用していたケースもあり、追徴税額は計約8億円に上るとみられる。

 CS証券は産経新聞の取材に「納税は社員個人のことでありコメントはない。ただ、会社として社員への申告の指導は行っている」とした。

ホッキョクグマ さよならママ 双子の送別会(毎日新聞)
松島の世界遺産登録を断念、宮城県知事が表明(読売新聞)
JR米原駅 信号トラブル(産経新聞)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍-東京地裁(時事通信)

ゆるキャラ「江姫」苦戦(産経新聞)

 来年のNHK大河ドラマの主人公で浅井3姉妹の末っ子、江(ごう)のゆるキャラ「江姫」の人気が振るわず、思わぬ苦戦を強いられている。

 滋賀県長浜市の住民による出資会社「まちづくり湖北」などが考案。江姫は平成20年誕生の長女「茶々姫」に続き、次女「初姫」とともに昨年登場した。

 しかし3人そろっての出演は過去14回にとどまり、江姫単独の出演依頼はゼロという。同社の担当者は「注目度は高いはずなのに」と首をかしげている。

<JR中央線>高円寺駅で人身事故 1万7千人に影響(毎日新聞)
<温室効果ガス>「いぶき」のデータ、ネットで一般公開(毎日新聞)
「知らなかった」鳩山首相“故意の脱税”否定(産経新聞)
<脱税>J&J日本法人の元代表を在宅起訴(毎日新聞)
民事再生法違反 トランス社、増資の一部は架空か(毎日新聞)

長岡宮跡で甲冑部品、歴代の皇族コレクション?(読売新聞)

 京都府向日市の長岡宮跡(784~794年)で天皇が居住した内裏跡から、6世紀末~8世紀末とみられる甲冑(かっちゅう)の部品「小札(こざね)」約30点が見つかったと、同市埋蔵文化財センターが18日、発表した。

 皇族の墓とされる藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)の副葬品や、正倉院宝物と同型のものもあり、同センターは、皇族にかかわる甲冑が約200年にわたって伝えられ、内裏で保管されていた可能性があるとしている。

 小札は短冊形の薄い鉄板で、小さな穴を開けてひもで1000枚前後をつなぎ合わせ、胴などを守る甲冑の部品。内裏の脇殿基壇の切石の抜き取り穴からまとまって見つかった。平安京に遷都する直前に意図的に埋められたらしい。

 最小で1センチ四方、最大で長さ9センチ、幅2センチ。厚さはいずれも2ミリ以内。大きさなどから、6世紀末から8世紀後半にかけての4時期に分けられる。 

<普天間移設>シュワブ陸上案に防衛相意欲 福島氏ら反対(毎日新聞)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
65人が結核再検査 江東区(産経新聞)
<公用車談合>北海道開発局の当時の幹部ら4人処分 国交省(毎日新聞)
<民主党>企業献金「禁止」を強調(毎日新聞)

<布川事件>検察に謝罪申し入れ 弁護団(毎日新聞)

 茨城県利根町布川で67年に大工の男性(当時62歳)が殺害された「布川事件」で、無期懲役の判決後に仮釈放された桜井昌司さん(63)、杉山卓男さん(63)の弁護団は15日、来月19日に開く予定の再審公判に向けた第1回協議を控え、水戸地検に、2人への謝罪など3点を申し入れた。

 このほか、開示していない供述調書や自白の録音テープなど6点の証拠開示▽再審請求審に提出された証拠すべての同意と、迅速な審理への全面協力--を求めており、3月5日までに回答するよう要請した。

 水戸市内で会見した山本裕夫弁護士は「弁護団としては、冤罪(えんざい)の原因解明は再審請求審である程度できている。検察側は謝罪し、速やかに審理を終えるべきだ」と指摘。桜井さんは「証拠隠しなど検察側の犯罪行為を社会に問いたい」と話した。【原田啓之】

【関連ニュース】
布川事件:再審の進め方の3者協議、来月19日に
布川事件:桜井さんと杉山さんの再審 水戸地裁土浦支部で
布川事件:再審確定 無罪の叫び 重い扉を開く
布川事件
布川事件

世代問わず記憶に残る役者=「一生もん」幾つも育てる-藤田まことさん死去(時事通信)
<桜の開花日>予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
岐阜の陸自基地に侵入図る?有刺鉄線切断(読売新聞)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
<警察>相談情報を記録し集約管理へ ストーカーなど対応で(毎日新聞)

<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は15日午前の衆院予算委員会で「大きな税制改革をする場合は、国民の皆さんに信を問う必要がある」と述べ、次の衆院解散・総選挙までは消費税を引き上げない方針を強調した。田村憲久氏(自民)の質問に答えた。【野原大輔】

【関連ニュース】
菅財務相:消費税議論「3月から」 大幅前倒し意向
菅財務相:G7とG20サミット 役割を区別する考え示す
菅副総理:「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説
納税者番号:省庁横断で検討会設置へ 菅副総理が報告
菅副総理:林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委

<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)
【いきいき】大阪女性文芸協会代表 尾川裕子さん(産経新聞)
<調査捕鯨>調査船を妨害 1隻は現場を離れる(毎日新聞)
<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)
米公聴会には出席しない意向=一連の品質問題で-トヨタ社長(時事通信)

私は除籍なのに…元民主の浅尾氏が石川被告との違いをぼやく(産経新聞)

 「私が離党届を出したときは受理されず除籍になった」-。みんなの党の浅尾慶一郎政調会長は12日の衆院予算委で、政治資金規正法違反罪で起訴され民主党に離党届を提出した石川知裕被告(衆院議員)を引き合いに出し、「悪いことをした人は除籍にならないが」と恨み節を漏らした。

 浅尾氏はかつて民主党に所属。昨年8月の衆院選でみんなの党から出馬するため、党を除籍になった。当時、幹事長だった岡田克也外相は答弁で「公認候補がいながら離党して立候補するというので、除籍したのは当然だ」と説明したが、浅尾氏は納得がいかない様子だった。

【関連記事】
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
石川議員 離党はけじめにならない

下着、部屋着をおしゃれに せめて家の中では…値ごろ感で人気(産経新聞)
銀銅獲得!スピードスケートスーツはスケてません!(スポーツ報知)
<たまゆら火災>増改築重ね違反14件(毎日新聞)
市場からイチゴ大量に盗む、自分の店で販売(読売新聞)
ごみ収集車など8400台リコール(時事通信)

パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷-岡山・山陽道(時事通信)

 15日午前2時40分ごろ、岡山市北区牟佐の山陽自動車道下り線牟佐トンネル内で、大型トラックが停車中のパトカーに追突し、2台とも炎上した。この事故で、パトカーの助手席に乗っていた岡山県警高速隊の巡査部長(45)が鎖骨骨折などの重傷となったほか、応援に駆け付けた警察官1人が煙を吸い軽傷を負った。
 高速隊は、自動車運転過失傷害の疑いで、トラックの運転手矢野輝雄容疑者(46)=熊本県南関町関町=を現行犯逮捕した。
 高速隊によると、トンネル内で乗用車がガス欠になったとの通報で、パトカーが現場に到着。乗用車の後方に停車し、隊員1人が降りて、後続車の誘導準備をしていたところ、矢野容疑者のトラックがパトカーに追突し、いずれも炎上、全焼した。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か
アパート火災で2人死亡=2階の居住者か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
ブリーダー犬舎全焼、70匹焼死=奈良

<布川事件>再審の進め方の3者協議、来月19日に(毎日新聞)
新潟の福田組が5億円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
伊丹空港フル活用…素案を国交省が地元へ報告、意見交換会(産経新聞)
<除雪機事故>4歳児が巻き込まれ死亡 祖父が使用 秋田(毎日新聞)
「おばさん相手なら余裕で逃げられる」中3男子2人逮捕 高齢女性からひったくり容疑(産経新聞)

<事業仕分け第2弾>「内部告発」を募集…枝野担当相(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は16日の記者会見で、公益法人や独立行政法人(独法)を対象にした「事業仕分け第2弾」を4月から実施するのを前に関係者からの「内部告発」を募集する考えを示した。政府の行政刷新会議が設けたインターネットと郵便による通報窓口「ハトミミ.com」を活用。4月上旬に仕分け対象事業を選定する際の参考とする。

 枝野氏は「税金の使い方、使われ方への疑問の大きなポイントが独法や政府系の公益法人だ」と事業仕分けの意義を強調。「国民の問題意識や、そこで働いている皆さんから率直な現場の声を聞くことで、対象事業を選んでいく」と述べた。【影山哲也】

【関連ニュース】
枝野行政刷新相:4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負
平沼赳夫氏:蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」
事業仕分け:9692億円の歳出削減 行政刷新会議で報告
防衛省:自衛官増員を断念 「事業仕分け」受け入れ
クローズアップ2010:行政刷新相に枝野氏起用 仕分け効果再現狙う

<石巻2人刺殺>大森さん、心配し宿泊 巻き添えか(毎日新聞)
石川議員の辞職要求=離党で幕引き許さず-野党(時事通信)
弟・邦夫氏が証言 首相「子分を養うためにお金が要る」 母親からの資金提供問題で(産経新聞)
JR高円寺駅 転落女性を救助 レールの間に寝かせ(毎日新聞)
JR宇都宮線が運転再開 3万5千人「困った」(産経新聞)

首相の「カネ無心」聞かぬ、知らぬと邦夫氏(読売新聞)

 自民党の鳩山邦夫・元総務相は13日午後、都内で記者会見し、鳩山首相の偽装献金事件を巡り、与謝野馨・元財務相が邦夫氏の話に基づき首相が母親に資金提供を求めたと指摘したことについて「兄が母にカネを無心したという話は、母から聞いていないし、私も事実を全く知らない」と述べた。

 邦夫氏は、与謝野氏に話したという、母親とのやり取りについて「母から別の話で電話を受け、『お兄さんは子分がいっぱいいて、大変お金がかかるという話だが、あなたは子分がいないの?』と(言われた)」と改めて説明。

 そのうえで「カネの無心(を首相がした)ということは聞いていない。それが一人歩きすると困る。(カネがかかるという話を誰が母にしたのか)全然分からない。第三者かもしれない」と語った。

 自民党が母親ら関係者の証人喚問を求めていることについて、邦夫氏は、「私はコメントする立場にない」と述べるにとどめた。

久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
【中医協】「療養病棟初期加算」は名称を変更へ(医療介護CBニュース)
郵便局長の定年延長を検討=亀井担当相(時事通信)
宮古島で震度3、津波注意報も(時事通信)
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省(医療介護CBニュース)

警察署内で拳銃奪い発射=警察官が腕にけが-殺人未遂容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)

 警視庁玉川署内で、警察官から拳銃を奪い、2発を発射したとして、同署は13日、殺人未遂容疑で、住所不定、無職福盛一也容疑者(43)を現行犯逮捕した。同署によると、警察官は左腕にけがを負ったという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立
手製拳銃4丁隠し持つ=「西部劇ファン」の男逮捕
通信傍受で33人逮捕=09年国会報告
ハイチへPKO派遣決定=陸自第1陣、6日に出発

「怒鳴り合っていない」 民主・池田氏が指摘(産経新聞)
阪神高速で消防車横転 火事通報受け急行中(産経新聞)
鳩山首相63歳「国民の幸せ感がプレゼント」 11日に誕生日(産経新聞)
源純夏氏が参院選自民公募名乗り…競泳の銅メダリスト(スポーツ報知)
成果・不満・悲鳴…「平成の大合併」終盤へ(読売新聞)

<ハイチ大地震>自衛隊は撤収へ 国際緊急援助隊(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は12日、ハイチ大地震の救援活動のため最初に派遣した国際緊急援助隊の自衛隊部隊に対し、13日付で活動の終結命令を出した。緊急援助隊は、1月23日から被災者2675人に医療活動をした。18日にまず約130人が帰国する。一方、復興支援のため5日に国連平和維持活動(PKO)への派遣命令が出された自衛隊部隊は、既に約140人が現地入りしている。【仙石恭】

【関連ニュース】
日本ハイチ友好議連:支援方針を確認
ハイチ大地震:日本郵政、義援金送付無料に
ハイチ大地震:助け合う市民 ボランティアの動き広がる
ハイチ大地震:「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国
ハイチ大地震:日本の専門料理店で募金 客から支援の声

上野動物園 パンダ復活で街も復活…人気回復の切り札に(毎日新聞)
新日鉄名古屋製鉄所を捜索=敷地から強アルカリ水漏出-名古屋海保(時事通信)
枝野氏が行政刷新相に正式に就任(産経新聞)
雑記帳 エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
介護福祉士に医療の専門知識を―日慢協が新規講座(医療介護CBニュース)

トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)

 トヨタ自動車の豊田章男社長が行った記者会見の主なやりとりは次の通り。
 -一連の品質問題でどこに間違いがあったか。
 今回、複数の地域、モデルで(不具合が)連続したことでお客さまに大変心配を掛けた。お客さまに不安を与えてはいけない。社内ではお客さまにとって安全、安心と受け取ってもらえる対応を取るよう指示している。
 -なぜ今まで会見に出てこなかったのか。
 社内で一番詳しい人間がお客さまに正しくお伝えするという方法をあえて取った。
 -トヨタが誇る「プリウス」で起きた問題をどう考えているか。
 プリウスに限らず、全商品に関して品質面でお客さまに不安を与えることは製造業のトップとして非常に残念。今後、従業員らと一丸となって、一日も早く信頼を取り戻したい。
 -米国で高まるトヨタ批判にどう対応するのか。
 現場は一生懸命やっており、日を追うごとにお客さまの信頼は戻ってくると思っている。米当局からの指導には、会社として真摯(しんし)に全面的に協力していきたい。
 -今回の問題が販売に与える影響は。
 販売台数よりも、今はとにかく信頼を取り戻すことを最優先にやっていく。
 -大量リコールが相次ぐ理由をどう考えるか。
 われわれも精いっぱいやっているつもりだ。今起こっている状況を謙虚に受け止め、反省すべき点は反省し、今後の改善に努めていきたい。
 -社内の危機感が薄いのでは。
 社長としてこの状況を危機的状況と思っている。こういうときこそ全社一丸となって信頼を取り戻すことが私に課された役割だ。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「リコール」
不安解消ならず=具体策乏しく、逆効果の声も
トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示
トヨタ、格下げ方向=リコール問題で-S&P
国交省でも独自に調査=トヨタのリコール問題

【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)
<石川知裕議員>辞職せず 支援者に意向伝える(毎日新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
「必要生じれば説明を」=小沢氏問題で鳩山首相(時事通信)
<「梁山泊」脱税>代表と2社を起訴…大阪地検特捜部(毎日新聞)

6新人が届け出=長崎知事選(時事通信)

 任期満了に伴う長崎県知事選は4日告示され、元農林水産省室長の橋本剛氏(40)=民主、社民、国民新推薦=、元共産党県委員長の深町孝郎氏(67)=共産推薦=、前副知事の中村法道氏(59)、前県議の押渕礼子氏(71)、元参院議員の大仁田厚氏(52)、元会社員の松下満幸氏(62)の無所属新人6氏が立候補を届け出た。投開票は21日。 

南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ-鹿児島気象台(時事通信)
<道新文化事業社>日ハム同行カメラマン肺結核で処分検討 (毎日新聞)
夫婦別姓、結婚後の変更可能に=法務省が検討-民法改正案(時事通信)
<低額宿泊所運営>「FIS」の3人在宅起訴 所得税法違反(毎日新聞)
ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)

「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、同飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)への受け入れ反対を訴え、名護市長選に当選した稲嶺進氏が8日、正式に就任し「反基地市政」がスタートする。選挙結果を民意として尊重するとした鳩山由紀夫首相の発言を追い風に、地元紙は稲嶺氏の当選を受けて普天間飛行場の県外・国外移設を説く報道を一層過熱させている。その一方で、新市政の「極左化」を危惧(きぐ)する声も出ている。

 市長選では、稲嶺氏を支持した民主、社民、国民新、共産などが「基地を受け入れなくても政府とのパイプがあれば援助が受けられ、経済は活性化する」と訴え、市民の心の奥底に潜む反米感情を揺さぶった。

 県内外の反米闘争グループもこれに乗じたようだ。

 米軍基地問題をウオッチしている情報筋は「反米闘争勢力にとって沖縄は格好の活動拠点だ。普天間の辺野古移設に反対しているグループに県外者が多いのもそれを象徴している」と指摘し、名護市長選の結果をこう分析する。

 「選挙は彼らにとって大きなチャンスとなった。県民は経済面で基地を容認してきたが、反米グループは県民感情を巧みに操った。市民の目を基地依存経済から遠ざけ、有権者に夢を抱かせることに成功した」

 しかし「反対派の中には、退職後、安定した軍用地料を得ようと軍用地を買った公務員もいる」(那覇市の不動産業者)というから、真の民意は分からない。前出の情報筋は「反対派の中にはイデオロギー闘争を展開している県内外の活動家らに洗脳されている人も多い」と語る。

 市長選では当初、共産党系市民団体が候補擁立を検討したが、後に取りやめ稲嶺氏を統一候補とした経緯があり「選挙では共産党の支援が強かった。新市政は共産党の発言力が増す」(元県議)との見方も強い。

 この元県議は「市長選では、不況にあえぐ市民の心のすき間に反米グループが乗じた可能性が高い。名護市が極左化するのではないかと心配だ。鳩山政権が政権交代のために基地問題を利用し、県民の気持ちをもてあそんだ。連立政権の犯した罪は許しがたい」と怒りをぶつけた。

     ◇

 沖縄県が抱える米軍基地問題は「『基地依存経済』『歴史認識』『反米闘争』『国防』『国家論』の5点が複雑に交錯しているため一朝一夕には語れない」(牧野浩隆・県立博物館長)といわれる。だが普天間問題では表面的な県民感情ばかり優先され、これら5点が議論された形跡はない。

 昭和47年の本土復帰以来、政府は米軍基地を抱える県内25市町村に資金援助を行ってきた。平成19年度には基地周辺整備事業費などとして1619億6100万円が支払われた。

 キャンプ・シュワブがある名護市も18年度には、基地周辺整備事業費約1億2千万円、特定防衛施設周辺整備調整交付金6億4千万円を受け取った。このほか毎年、基地交付金として2億8千万円前後が支払われ、普天間飛行場の移設容認の代償として、10年間で地域振興予算775億円が投入された。

 これらとは別に、米軍に土地を提供している市町村や約3万9千人の一般地主には政府から毎年、軍用地料が入る。その額は18年に約777億円、20年に800億円、21年に900億円と年々増加している。

 また、米軍や軍属、その家族が地元に落とすカネと、基地で働く県民(約9千人)の所得を合わせると、18年度は2155億円に上った。同県の年間収入は観光が約4千億円、公共事業費が2200億円余だから、いかに規模が大きいか分かる。

 基地で潤う軍用地主や自治体は基地問題への本心を見せない。だが復帰後も基地を押しつけられたという被害者意識は強く、潜在的に反基地感情も同居する。

 普天間飛行場に軍用地を提供している男性(70)は、「基地受け入れの代償に巨額な援助を受けてきたことで、基地反対の感情を相殺させてきた。基地は経済効果を期待する存在でしかなかった」と明かす。

 県民がどれだけ真剣に基地反対を考えているかを把握するのは難しい。日本の安全保障を左右する普天間問題について、鳩山政権は「見えない民意」を黙殺しているといえそうだ。(宮本雅史)

【関連記事】
名護市長選 米主要紙も一斉報道したその内容とは…
名護市長選対応が象徴、鳩山政権の危険性批判
平野長官、地元との同意なしで決定も 普天間移設問題で
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」
名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確

まだら模様の冥王星=ハッブル望遠鏡が撮影-NASA(時事通信)
双子のヤギ 和歌山公園動物園ですくすく(産経新聞)
都内でも積雪か 関東甲信で昼過ぎから2日未明に雪(産経新聞)
空港生活92日間、人権活動家が中国帰国へ(読売新聞)
<経産省>衛星売り込みへ、アフリカに官民訪問団派遣(毎日新聞)

社民・重野幹事長「(石川容疑者は)議員辞職に値する」 辞職勧告決議には慎重 政治資金規正法違反事件で(産経新聞)

 社民党の重野安正幹事長は4日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者が午後にも起訴される見通しを受けて、「政治的、道義的責任は重く、議員を辞職するに値する事案だ」と述べた。

 しかし、自民党などが国会提出の構えをみせる議員辞職勧告決議案への対応については「国会決議で身分を奪うことには慎重にならなければならない」とし、慎重な姿勢を示した。

 重野氏はまた、小沢氏が今回の事件で不起訴処分となる公算が大きいことについて「不起訴で区切りがついて幹事長職を続投するんだろうと受け止めている」と指摘したが、政治的、道義的責任については「それは残ると思う」と述べ、さらに説明責任を果たすべきだとした。

【関連記事】
鳩山首相「小沢幹事長は説明責任を果たした」 陸山会の政治資金規正法違反事件で
小沢氏事件で、東京地検が「週刊朝日」に異例の抗議文
小沢氏側に献金448万円 悪質訪問販売で業務停止の業者
小沢氏、不起訴で幹事長続投へ 残る疑惑、「参院選前にひと山」?
石川容疑者らの供述変遷 「保身」から転換? 4億円不記載事件 

陸山会土地購入 石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
<岐阜市長選>現職の細江茂光氏が4選果たす(毎日新聞)
<わいせつ行為>容疑の埼玉県警巡査長を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
<ニュース1週間>朝青龍が暴行問題で引退/小沢氏不起訴、石川議員ら3人は起訴(毎日新聞)
政権運営通じ信頼回復=鳩山首相(時事通信)

有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)

 司法との長い闘いが実った-。雑誌編集者らが相次いで摘発され、厳しい拷問の末に有罪判決を受けてから65年。横浜事件の遺族らは「実質無罪」と認定した4日の横浜地裁の決定を受け、「長かった」と感無量の表情を浮かべ、支援者らと喜びの涙を流した。

 元「改造」編集部員の故・小野康人さんの遺族で、第4次再審請求をした次男、小野新一さん(63)と長女、斎藤信子さん(60)は決定後、笑顔で弁護士と握手を交わした。

 2人は24年前に初めて再審請求に踏み切った小野さんの妻、貞さんの意志を引き継ぎ、親子2代にわたり、闘ってきた。横浜市内で開かれた記者会見で、斎藤さんは「やっと勝ち取った。再審申し立てから24年。第1次で、9人の原告が申し立てて始まり、ようやく本当の答えがでた」と満面の笑みを浮かべた。

 小野さんも「こんなに詳しく踏み込んで決定が出されると思ってなかった。減額されなかったのは非常に良かったと思う」と満足した様子で話した。

【関連記事】
横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及
横浜事件の刑事補償、決定は2月4日 横浜地裁
横浜事件の補償請求棄却を 地検「記録なく判断不能」
菅家さん、横浜事件の集会に参加
「治安維持法の廃止で免訴と判断せざるを得ない」 横浜事件再審

再聴取「前回と同じ内容」、詳細言及せず…小沢氏(読売新聞)
子泣き相撲 幽霊も鬼も退散 長崎・平戸の最教寺(毎日新聞)
<公然わいせつ>容疑でNHK職員逮捕 警視庁(毎日新聞)
あれは「戦場」そのものだった 加藤被告は硬い表情のまま(産経新聞)
漂着ポリ容器 ハングル4割(産経新聞)

寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城(産経新聞)

 夫婦間のトラブルから就寝中の妻に火を付けたとして、茨城県警稲敷署は2日、殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで、茨城県美浦村木原、会社員、吉田進容疑者(44)を逮捕した。同署によると、吉田容疑者は「トラブルでカッとなってやってしまった」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、吉田容疑者は1月8日午前5時40分ごろ、自宅1階リビングで寝ていた会社員の妻(39)の毛布に灯油をかけて火を付け、背中や両足などに重傷を負わせた疑いが持たれている。

 同署によると、この火事で木造2階建ての自宅約132平方メートルが全焼。妻は自力で外に逃げた。吉田容疑者は放火した後、1階寝室で寝ていた長男(10)と長女(5)を救い出して外に出たが、のどにやけどを負った。

 同署は動機などを詳しく調べている。

【関連記事】
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災
住宅街に悲鳴「もう無理」 神戸の火事3人死亡
大阪・城東区で民家火災、足の不自由な59歳死亡
ストーカー殺人現場から出火か 東京・新橋で13棟焼ける 
1歳、4歳と無理心中? 母親、殺人未遂と自宅に放火容疑で逮捕

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(1)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)
ゴーギャン展ホームページ、ウイルス感染(読売新聞)
石垣島で2万年前の人骨発見=直接の年代測定で日本最古(時事通信)
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発(産経新聞)

現場駐車場まで自ら運転か=睡眠薬、酒、男性に飲ませ-木嶋容疑者・埼玉不審死(時事通信)

 埼玉県や千葉県の男性が不審死した事件で、殺人容疑で再逮捕された無職木嶋佳苗容疑者(35)が事件当日、会社員大出嘉之さん=当時(41)=の遺体が見つかった埼玉県富士見市の駐車場まで、自らレンタカーを運転した可能性が高いことが5日、捜査関係者への取材で分かった。
 大出さんの遺体からは睡眠導入剤やアルコールが検出されており、埼玉県警東入間署捜査本部は、木嶋容疑者が自宅か、現場に向かう途中で、大出さんに睡眠導入剤と酒を飲ませて眠らせ、現場へ向かったとみて調べている。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
〔用語解説〕「睡眠導入剤」
知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円
金無心の送信メール削除=木嶋容疑者、証拠隠滅か
すり鉢に睡眠剤、2遺体と一致=実家に送付、押収

<陸山会事件>石川、池田両被告も保釈申請(毎日新聞)
やくみつる氏、「遅きに失した」=内舘牧子さん「安堵した」=朝青龍引退表明(時事通信)
普天間の継続使用、首相が否定…参院代表質問(読売新聞)
<訃報>川村たかしさん78歳=児童文学作家(毎日新聞)
竜巻 発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)

酒気帯びで自衛官を逮捕=逃走中、車2台に追突-徳島県警(時事通信)

 徳島県警徳島東署は5日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、海上自衛隊第24航空隊(同県小松島市)所属の3曹下村太志容疑者(27)=小松島市和田島町=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は同日午前4時55分ごろ、徳島市の県道で、酒気帯び状態で軽乗用車を運転した疑い。
 同署によると、下村容疑者は同市内の交差点で合図を出さず左折。巡回中のパトカーが停止させようとしたところ、約5.5キロ逃走し、車を置いた駐車場付近の路上で発見された。
 県外から来た同期の自衛官2人と、未明まで居酒屋で飲酒。車には同容疑者だけが乗り、逃走途中には路上駐車の車2台に追突していたという。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
【特集】陸上自衛隊装備図鑑~新型戦車、10年度配備へ~
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

天皇陛下、体調崩される 風邪の症状など(産経新聞)
警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑-愛知県警(時事通信)
<峰崎副財務相>「国際線は1社体制でいい」 日航再建で(毎日新聞)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)
偽装ラブホ経営者ら書類送検 風営法違反で兵庫県警(産経新聞)

給食費未納者の子ども手当減額、首相「検討してみたいな」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(30日夕)

 鳩山由紀夫首相は30日夕、23日から始めた地方視察について「いろいろと地元の地域の声を聞かせていただいて、極力、政策に反映できればいい。具体的にお答えができるような形で反映していきたい」と述べた。山梨県内を視察した後、甲府市内で記者団に答えた。

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【視察の感想】

 --今回、山梨を訪れ燃料電池のセンターを訪れた。感想を

 「はい。これは燃料電池は水素が燃料ですから、未来の、まさに炭酸ガスをまったく出さない希望のエネルギーだと思っています。いろいろとコストの問題で、まだすぐにということにはなりませんけれども、必ずこれは日本の高い技術力で、山梨の研究センターの技術力で実用化になると信じておりまして、私の掲げている地球に25%の温暖化ガス削減を含めた、大変高い目標、ゴールを掲げましたけれども、高い技術力で克服できるという大きなメッセージを持った研究だと思って期待をしています」 

 【子ども手当】

 --地元市長からいろいろと具体的な要望があったが、具体的にどう対応するか

 「私は今日こちらにうかがったのも、いろいろと地元の皆さん、地域の皆さんの声を聞かせていただいて、極力、政策に反映できればいいなと思っております。したがって、一つ一つ、今、具体的にこれで、必ずしもお答えはしませんけれども、お答えができるような形で反映をしていきたい」

 「特に子ども手当のことが、かなり、いろんな市長さんからお話がありました。給食費、払わないお父さん、お母さんがいる。でも、3分の2は経済的な理由ではないみたいだ。払いたくないから払わないみたいな話だ。そういう人がご家庭に対して、子ども手当はやはり、優先的にそういうものに使うように配慮してもらえないか、みたいなね、切実な首長さんのお願いでありました。こういうものの、何か仕組みができないかなということを考えたいと思います。そう簡単にできるかどうかは分かりませんが、地元のいろんな具体的なご要望に応えられるような政府でありたい。そのように考えます」

 --具体的に検討していくと

 「うん。検討してみたいなと。そう思います」

 --指示を出す?

 「実は厚生労働省も、こういうものを知ってますからね。いろいろと考えているとは思っておりますが、私の方から大臣に、どうなっているか聞いてみたいと思います。進めていければと思います」

【関連記事】
施政方針演説で首相「批判覚悟で思い切って」
鳩山首相、普天間「予定通り返還されるべき」
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」

国民の納得なければ「小沢氏はけじめを」…枝野氏(読売新聞)
別3事件の被害品所持=国内20~30件関与か-香港で起訴の男ら・警察当局(時事通信)
小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)
<明党>参院選・比例代表 太田前代表の擁立見送る方針 衆院選敗北響く(毎日新聞)
子ども手当「公約通り」=11年度以降満額=鳩山首相・衆院代表質問(時事通信)

<ベネッセ>進研ゼミ会員向けに携帯電話貸し出し ソフトバンクからのMVNOで(毎日新聞)

 ベネッセコーポレーションは28日、同社が提供する通信教育「進研ゼミ」の会員の中高生向けに携帯電話サービスを始めると発表した。ソフトバンクモバイルから回線を借りてMVNO(仮想移動体通信事業者)として手がける。進研ゼミ会員の全国約110万人が対象で、端末「840SH」はベネッセから会員に貸し出す。進研ゼミを退会しても、携帯電話の契約を続けることはできる。

 契約期間は25カ月で、月額基本使用料5950円。端末貸し出し料、パケットし放題、無料通話1050円分(国内で最大50分)が含まれる。無料分を超える通話は30秒10.5円が別途加算される。来月9日から5月15日まで同社のサイトで申し込みを受け付けることにしている。

 親子で携帯電話の利用の仕方について考え、学びながら利用の仕方を身につけることができるように、携帯電話を利用する曜日や時間、ウェブサイトへの接続を年齢や発達段階に応じて6段階で制限する機能などを保護者がパソコンから設定できるようになっている。テレビコールやPCサイトブラウザなどを利用不可にすることも可能だが、学習用ソフトなどは入っていない。【岡礼子】

【関連ニュース】
歴ドル 小日向えりさんの受験体験
「チームバチスタの栄光」著者、海堂尊さんの受験体験
大学グッズ:文房具やお茶、マグロまで 校風反映する品々

参院予算委 自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断(毎日新聞)
東海道新幹線、品川─小田原で上下線運転見合わせ(読売新聞)
ガンブラー型ウイルス猛威、サイト改ざん悪質化(読売新聞)
【こうして生まれた ヒット商品の舞台裏】「やきやき」 象印マホービン(産経新聞)
<朝青龍関>暴行された男性は鼻骨折(毎日新聞)

シューズ「激安戦争」 ユニクロvs.他社 質・デザインで火花(産経新聞)

 激安ジーンズの次は激安シューズ-。ユニクロのファーストリテイリング(FR)が昨秋、低価格で靴事業に本格参入したのをきっかけに大手スーパーなどが追随し、価格や機能、デザインで対抗。昨秋話題になった1000円以下のジーンズ同様、低価格と品質の良さで火花を散らしている。(小川真由美)

 ◆服以上の消耗品

 FRは昨年9月、新ブランド「ユニクロシューズ」を打ち出した。男女計9種類(1月28日現在)で、多くは1990円と2990円。2年前に子会社化した靴専門店の設備と、ユニクロのデザイン力を結集した。デザインは、エナメル加工やつま先に丸みを持たせるなど最新の流行を意識。横浜市の会社員女性(44)は「靴は服以上に消耗品なので安ければ助かる」と歓迎する。

 他社も負けていない。イトーヨーカ堂のディスカウントストア、ザ・プライスは今月1日、オリジナルの婦人靴を発売。価格帯は2つで、着脱可能なリボンなどデザイン性重視の靴が1980円。ヒールに硬質ゴムを付けて足音を抑える機能性重視のパンプスは2800円。プライスではこれまでカジュアルな靴しかなく、同じグループのイトーヨーカ堂の婦人靴は4000円前後。昨年以来、さらに安いパンプスを求める客が増え、竹谷哲郎バイヤーは「長年の靴のノウハウがあるので負けない」と胸を張る。

 西友は昨年11月からプライベートブランド(PB)の「キャンバススニーカー」を展開している。価格は900円で、男性用4色、女性用5色。外側と中敷きの色を統一し、通気穴でムレを防ぐなどデザインと機能性を両立した。売れ行きは予想の1・5倍という。

 販売中の2990円の運動靴と違い、中国の靴製造メーカー1社に絞った大量発注で低価格を実現。今後、1千円以下のバレエシューズなども投入する予定だ。担当者は「全社挙げて低価格を目指す以上、靴もユニクロ(の値段)を意識する」。

 ◆早朝割引も

 低価格の靴は通販でも反響が大きい。セシールは昨年9月、“通販初のファストファッション”(同社広報)である新ブランド「アニタ アレンバーグ」で、1足1980円で15色のバレエシューズを発売した。昨年末までの販売数は4万足超で、同社が扱う約130種類の靴の中で断トツの売り上げだ。399円と最安の靴を扱うヒラキでは、昨秋売り出した780円の婦人用ブーツに全国から新規顧客が集中した。

 一方、ABCマートは昨年末から開店前1~2時間限定で、最大8割引の「早朝割引」を実施。9800円の一部紳士靴の価格を約4割下げた。しかし、「安さ先行だと企業イメージを損ねる可能性がある」(勝沼清取締役は)と、これ以上の値下げは行わないという。

 こうした“激安合戦”について、第一生命経済研究所の永濱利廣・主席エコノミストは「デフレのうえ、今は安くて良いもので個性を発揮する時代。価格破壊は今年いっぱいは続く」と話す。

                   ◇

 ■靴・履物市場 4年ぶりマイナス

 矢野経済研究所によると、平成20年度の国内の靴・履物市場は1兆4060億円で、前年度比97・2%で、4年ぶりにマイナス成長となった。

 分野別では、婦人靴は同94・5%の4100億円で3年連続の減少。紳士靴も同93・2%(2450億円)と苦戦した。一方、スポーツシューズは同101・6%(4930億円)、子供靴は同102・4%(870億円)。同研究所は「ファッション性の高い革靴の不振や買い替え需要の鈍化が背景にある」と分析している。

「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相(産経新聞)
外国人参政権法案 亀井氏「今国会は提出できない」(産経新聞)
トヨタ労組、5年ぶりにベア要求断念(読売新聞)
ターゲット「スイーツ男子」 大阪でチョコ試食会(産経新聞)
<沖縄連絡室>内閣官房に設置 普天間などで情報交換緊密化(毎日新聞)

真冬に咲くチューリップ=千葉県船橋市〔地域〕(時事通信)

 千葉県船橋市金堀町の「ふなばしアンデルセン公園」で、真冬にもかかわらず色とりどりのチューリップが咲いている。特殊な技術で生産された5種約1600株は昨年12月下旬に咲き始め、1月いっぱいが見ごろ。通常のチューリップも含め同園では4段階に分け、5月上旬ごろまで楽しめるという。
 同園によると、通常春に咲くチューリップの球根を冷蔵庫で冷やし「冬」だと思わせ、その後少し暖かいところに置いて「春」が来たと勘違いさせたという。チューリップの切り花を作るための促成栽培の技術が応用され、春だと1週間程度で散るところを、真冬のチューリップは1カ月近く咲き続けるという。
 第2段階では7種1400株のチューリップが2月下旬には見ごろを迎え、3月には通常の早咲きのチューリップが咲き、4月には遅咲きが開花する予定。
 開園時間は午前9時半から午後4時まで。同園のホームページで開花情報を提供している。
 ホームページは、http://www.park-funabashi.or.jp。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕期間限定アイスキャンドルミュージアム=北海道下川町
〔地域の情報〕市街にうなぎ料理が大集合=浜松商工会議所がイベント
〔地域の情報〕近江の味を楽しめる企画列車を運行=近江鉄道
〔地域の情報〕丹波篠山で磁器作り、参加者募集中
〔地域の情報〕3月にバーサーロペット・ジャパン開催=旭川

糖尿病対策から化粧品まで 「抗糖化」パイオニアの“甘くない”道のり(産経新聞)
後期高齢者医療制度を考える 「遺族年金非課税」の影響は?(産経新聞)
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)
岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
<過労死企業公開訴訟>「社会的批判を」原告が陳述(毎日新聞)

「大統領に黒人選んでまで」=米政権交代で言及-小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、那覇市内で開かれた同党参院議員の集会であいさつし、「アメリカでもオバマさんという黒人を(大統領に)選んでまで、国を変えようという選択を国民がした」と述べた。
 選挙を通じた政権交代の意義を強調する文脈の中での発言だが、黒人への偏見、人種差別とも受け取られかねず、波紋を呼びそうだ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

都議補選あす投開票(産経新聞)
風力発電 環境アセスの対象へ(産経新聞)
<生駒市長選>山下真氏が再選(毎日新聞)
虚偽記載「全く把握してない」=小沢氏、説明文書を配布(時事通信)
<菅副総理>「成長戦略を推進」を表明へ 経済演説(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。